不動産マメ知識 賃貸アパートを借りる時の費用はいくら?

こんにちは!
うららです♥

今日は息子から
「卒業したら、一人暮らしがしたい!」

「いくらお金を貯めれば部屋が借りれるの?」

などの質問を受け、いつの間にかオトナになったんだな〜と感慨深いものがありました。

アパートを借りる時の初期費用は、一体いくら必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

敷金・礼金・手数料ってなに?

賃貸住宅情報の募集を見ると必ず記載されているのが、「敷金」「礼金」「仲介手数料」

これは、どんなものなのでしょうか?

敷金

敷金とは賃貸物件に入居する際に必要となる費用です。
部屋を借りる時に大家さんに預ける保証金のようなお金です。
家賃の1ヶ月分や2ヶ月など、その物件によって違います。

なぜ、敷金を大家さんに預けるのでしょう?

それは、大家さんは、部屋を貸すときに二つのリスクがあるからです。

一つ目は、家賃の滞納。
二つ目は、借主の不注意で建具や設備等が壊された場合の修繕費です。

このような事態が発生した場合、退去時に敷金から差し引くために前もって預かるのです。

敷金は基本的には預かり金なので、退去時には戻ってきますが、退室時クリーニング費用などを差し引かれて返金される事が多いようです。

礼金

礼金とは部屋を貸してくれた大家さんに対して、お礼の気持ちを込めてお渡しするお金です。
昔、住宅が不足していた時代に生まれた慣習といわれています。
しかし、時代はすっかり様変わりしているにもかかわらず、大家さんにお金を渡すという慣習だけが依然残っているのが現状ですが、最近では、礼金が0円の物件も増えています。
大家さんへのお礼のお金なので、敷金と違って、礼金は戻らないお金です。

初期費用を抑えたい時は、この礼金の割引を交渉してみるのも良いかも知れません。

スポンサーリンク

仲介手数料

仲介手数料とは借りる人、貸してくれる人の間に、不動産屋が入り、自分の希望に合う部屋を紹介・案内してくれたり、家賃交渉をしてくれたりと、契約がスムーズに成立するように助けてくれるお礼に、不動産屋に支払うお金です。
これも法律上は家賃の1ヵ月分と上限は決められていますが、不動産屋によって金額が異なることがあります。

その他費用は?

火災保険

賃貸契約の際に、必ず加入を求められる火災保険。
簡単に説明すると、この保険は、「自分のため」と「大家さんのため」の保険です。

自分のためとは、自身の所有する家電、家具などの損害を補償するもの。

大家さんのためとは、火災や漏水などによって借りている部屋に損害を与えてしまったときに、原状回復するための費用を補償するというもの。

賃貸契約の際に火災保険に加入するのは、自分を守るためにも必要なことです。

鍵交換費用

入居時に鍵を新品に変更するための費用。

保証会社の費用

保証会社を利用するなら、保証会社に保証料を支払わなければなりません。
連帯保証人の代わりの様な役割です。

初期費用として、家賃の30%~50%程度の費用がかかります。
※保証会社により費用は異なります。

万が一、家賃を滞納した際に、あなたの代わりに一定期間、大家さんに家賃を払ってくれる会社です。
ただし、滞納分は免除されるわけではありませんので、保証会社があなたの代わりにいったん立て替えてくれるだけです。
ですから、当然、あなたは、払ってくれた保証会社に返済をしなければなりません。

まとめ

賃貸アパートを借りる時の費用は
敷金、礼金、仲介手数料の他にも保険等の諸費用が必要です。

賃貸アパートは地域や築年数によっても条件は異なりますし、礼金、敷金のあるなしでも費用は違ってきますので、あなたの希望や予算に合う賃貸アパートを不動産会社の人に相談しながら探しましょう!

初めてアパートを借りる時は、判らないことも多いので、初期費用の見積もりをもらい、疑問に思う項目はキチンと聞くことが大切です。

スポンサーリンク