ハロウィンとは?なぜ仮装するの?

こんにちは!
うららです♥

最近は10月に入るとハロウィンも恒例のイベントになってきましたね。

ハロウィンといえば仮装ですが、どうして仮装するんでしょうか?

なぜカボチャ?

ハロウィンの歴史を調べてみました!

ハロウィンとは?

ハロウィンは、2,000年以上も前のヨーロッパの古代ケルト人が信仰する宗教の『サウィン祭(収穫祭+悪霊を追い払う)』という儀式が始まりだとされています。

厳しい冬を無事に越せるように、秋の実りを感謝するお祭り(収穫祭)であり、同時に死者の魂が家族や親族を訪ねて来る日でもあったのです。

日本でいう「お盆」のようなイメージかもしれませんね。

ケルト人にとっては、11月1日が新年でありその前日の10月31日は一年の終わる日、と考えられていました。

今でもケルトの文化や特徴が残る地域のことをケルト国というそうですよ。

ハロウィンと仮装

さて、このお祭りになぜ仮装するのでしょうか?

死者の霊が戻ってくる時に悪霊や魔女たちも現世にやってきて、あちら側の世界へ連れていこうとすると考えられていたため、仮装をして仲間のふりをしたのが始まりといわれています。

また、仮装した人間の姿を見て、悪霊や魔女たちが怖くて逃げ帰るので「魔除け」としていたという説もあるとか。

ハロウィンとカボチャ

ハロウィンといえば「カボチャ」を思い浮かべる人も多いですね。

ケルト人はカブやサトウダイコンの中をくり抜いてランタンを作り、悪魔除けとして飾っていました。

元々は、カボチャではなく「カブ」だったそう。

これがアメリカに伝わった際にカボチャが多く収穫されていたことや、ランタンに加工する際に扱いやすかったことから一気に広がり、カボチャがよく使われるようになったのです。

ハロウィンはカボチャのイメージがあるため、オレンジがハロウィンカラーと思われていますがアメリカへ伝わってから広まったものなのですね。

ハロウィンでよく使われるオレンジ色のカボチャは、グリーンのカボチャよりも甘味が少ないため、アメリカでも食用としては使われないそうですよ。

スポンサーリンク

まとめ

10月に入ると、街はハロウィングッズで溢れ、デイスプレイでも楽しい気分にさせてくれます。

お家でもハロウィンの飾りつけをする方もたくさんいるのではないでしょうか。

調べてみるとハロウィンは紀元前までにさかのぼっているとても長い歴史のある行事だったんですね。

ハロウィンの豆知識をご紹介しましたが、こんなことも知っているとより楽しめますよね♥

スポンサーリンク