川島永嗣が下手過ぎ・ミス連発で交代論?世間や海外での評価は?

ワールドカップサッカー日本代表は、コロンビア戦の勝利に続き、
セネガル戦でも引き分けと大健闘でしたね!

しかし、サッカー日本代表でGKとして活躍している川島永嗣選手
ネット上で「下手過ぎる」と話題に。

一体どんな事を言われているのでしょうか?

川島永嗣が下手過ぎる?!

何故、川島永嗣が下手過ぎると話題なのでしょうか。

セネガル戦

24日の第2戦・セネガルとの試合で、
日本は、立ち上がりに失点してしまいました。

川島永嗣

引用元:google

左サイドからのクロスを川島選手がパンチングで弾いたのですが、
マネの足に当たってゴールに吸い込まれてしまいました。

川島永嗣

引用元:google

その時のシーンがこちら↓

後半に投入された本田の同点ゴールで、引き分けたものの
初戦に続き、守護神・川島選手のミスが指摘されています。

スポンサーリンク

コロンビア戦での失点

初戦のコロンビア戦では、PKを香川選手が決め、
最高の立ち上がりとなりました。

しかし、川島選手はコロンビア戦でもミスと言われている
失点を許しています。

どんな場面だったのでしょうか?

川島選手が横飛びしてキャッチしたのはゴールの中だったのです。。。

NHKの中継でスタジオ解説を務めた早野宏史さんは、この場面を振り返り、

川島のポジションが右に寄りすぎてたなと思った

とコメント。

現地解説した06年のドイツW杯日本代表の福西崇史さんは、

ちょっと川島、もう少し前に出てもいいと思う

厳しいコメントをしています。

試合後に、川島選手は、以下のようにコメントしました。

自分のミスで厳しい状況になった。 (失点)完全に自分のミス。目の前が気になりすぎていた。
チームが一丸となって一つになって、厳しい状況でも結果がついてきているのはチームの皆に感謝。
チームとして自信がまた得られたので、次に向けて切り替えたい。

前向きな発言ですよね!

ネットでの反応

試合後、ネット上では川島選手についてどんな反応が
あったのでしょうか?

こんな批判コメントがみられました。

しかし同時に川島選手に対して以下の様なコメントも多数あります。

スポンサーリンク

交代論

また、世間では、川島選手の2試合連続のミスで、
交代させた方がいいのでは?との声も。

スポンサーリンク

海外メディアの反応は?

英国の高級紙ガーディアン紙は、日本の引き分けを絶賛しています。

セネガルの身体的優位への対処という日本の不安は的中した。
だが、彼らは才能のある選手たちで、違いと、どう戦えばいいのかの方法を見つける自信にあふれ、気力と前向きな戦いを見せて、
チームを前途のある結果へと押し進んだ

また、インディペンデント紙は

また、もう一日、大変面白い試合がワールドカップで行なわれた。
4ゴール、多くのミス、絶えず続いた攻撃に、いくつかの素晴らしいプレー。
これが楽しめなければ、フットボールは、あなたのスポーツではないかもしれない

好ゲームだったことを伝えています。

なんて素晴らしコメントなんでしょうか。

私達は選手たちが作り出すゲームを
楽しませてもらっていることを忘れてはいけませんね。

まとめ

本田選手は「自分以外は叩かないで、
温かく見守って欲しい」と呼びかけています。

残すは28日のグループリーグ最終のポーランド戦。

半端ないプレッシャーの中で、日本のために戦っている
選手の皆さんを最後まで応援したいですね!

スポンサーリンク