中条あやみの演技が下手と言われる理由は?演技力を検証してみた

モデルやドラマ・映画で大活躍中の中条あやみさん。
容姿端麗で、大人気の中条あやみさんですが、女優としての演技については、シビアな評価が多いようです。

今回は、中条あやみさんの演技が下手?!という噂やそう言われてしまう理由を調査してみました。
中条あやみさんの過去の出演作品などについてもまとめてみました!

中条あやみはハーフだった!父はイギリス人でイケメン空手家?

2019.04.14

中条あやみの演技が下手?

人気モデルで女優の中条あやみさん。
2019年4月放送のドラマ『白衣の戦士』で、主演を演じています。
9頭身美女で、スタイル抜群の中条あやみさんのドラマとあって、第1回目の視聴率は、10.3%と好スタートを切っています

中条あやみの演技が話題

ところが、中条あやみさんの演技が驚く程、低評価なんです。

連続ドラマは初主演という中条あやみさんですが、新米ナース役を元気いっぱい演じています。
そして、中条あやみさんのナース姿は、超可愛くて大好評!!

ところが、演技については、ショックを受けている方も多いようなのです…。

ネツト上の声

ネット上で、中条あやみさんの演技についての声をみてみましょう!

中条あやみの演技が下手と言われる理由は?

では、どうして中条あやみさんの演技が下手といわれてしまうのか、理由をみていきましょう。

理由1・モデル出身で経験不足?

モデル出身の中条あやみさんは、女優デビューしてから多くの映画で、ヒロインを演じていますが、本格的なテレビドラマの主演は今回が初めてですから、まだまだ経験不足というところでしょうか。

モデルなだけに演技よりも可愛さに目がいってしまうのは仕方ないですね…

同じようなナースドラマと言えば、観月ありささん主演の『ナースのお仕事』は高視聴率の人気ドラマで、映画化もされました。

1996年の最初の放送時には、やはりモデル出身の観月ありささんの演技力については、賛否両論ありましたが、このドラマは、女優としての観月ありささんの代表作となりました。

ですから、中条あやみさんも今後女優として経験を積んでいけば、演技が上手くなる可能性は十分あります!

『ナースのお仕事』は、平成の時代の人気ドラマでしたが、中条あやみさん主演の『白衣の戦士』が、令和の時代の人気ナースドラマとなり、シリーズ化する可能性もありますよね!

理由2・コメディが合わない?

2019年4月から放送のドラマ『白衣の戦士』で、中条あやみさん演じる、立花はるかという役の設定は、「自由奔放」「破天荒」「元ヤンキー」というナース役です。

しかも、このドラマはコメディですからドタバタで、中条あやみさんの変顔(顔芸)もありますw

モデルの中条あやみさんのイメージとはかけ離れている役なだけに、違和感を覚えてしまう視聴者が多いようです。

ドラマですから、現実とは違うことはわかっていながらも、少し無理している感もあり、”演技下手?”という印象に繋がってしまっている感じがします。

中条あやみさんといえば、育ちの良さそうな美人のハーフモデルさんの印象がやはり強いですよね!

コメディドラマよりは、中条あやみさんの容姿を生かした絶世の美女が男を翻弄する役という方がハマったかも知れませんw

ただ、普段とは違う中条あやみさんをドラマの中で見られることは、ファンとしては楽しみなところですね!

理由3・周りがベテラン俳優ばかり

ドラマ『白衣の戦士』では、ダブル主演の水川あさみさんをはじめ、沢村 一樹さんや安田顕さんなどベテランの俳優陣が多く出演しています。
そんな方達の中での演技はどうしても比べられてしまいガチですよね!

特に水川あさみさんは小学生の頃から女優を目指し、13歳の頃からCMや映画や舞台で活躍してきた女優さんです。
また、コミカルな演技からシリアスな演技まで、幅広く演じられる数少ない女優さん。

周りの俳優さん達に助けられて、好視聴率を維持出来るといいのですが!!

中条あやみの演技力はどうなの?!

そんな中条あやみさんの過去の主な出演作品や演技力についてまとめてみました。

中条あやみの過去の出演作品

中条あやみさんは、2012年7月『黒の女教師』で女優デビューしています。その後は順調で、多くの映画でヒロイン役を務めています。

2014年『劇場版 零 ゼロ』

サスペンス・ホラー映画のヒロインを演じた中条あやみさん。

中条あやみさんの美しさが、一層怖い感じで好評でした。

2016年『ライチ☆光クラブ』

美少女カノン役でヒロインを演じています。

清らかさと艶やかさをあわせ持つキャラクター設定が中条あやみさんに合っていました。

2016年『セトウツミ』

青春ストーリーの映画で、高校のマドンナ役のヒロインを演じました。

関西弁での演技でしたが、大坂出身の中条あやみさんの可愛い大阪弁が素敵でした。

2017年『チアダン』

高校のチアリーダー部の物語で、ヒロインのクラスメート役を演じています。

スタイルの良さが際立っていましたね!

2017年『覆面系ノイズ』

この映画では、中条あやみさんは、高校生バンドのボーカル役で、歌声も披露しました。

2018年『ニセコイ』

週間少年ジャンプで連載してた漫画の実写版の映画で、金髪・ハーフ役の少女を演じています。

2018年『3D彼女リアルガール』

青春ラブストーリーの映画で、学校イで一番の美少女役を演じています。

2018年『雪の華』

この映画では、中条あやみさんは、余命一年を宣告されたヒロイン役を演じました。

中条あやみの演技力

これまで、たくさんの映画でヒロイン役を演じてきた中条あやみさん。
『チア☆ダン』では、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しています。

この賞は、最近では佐藤健太郎さん、上白石萌歌さん、趣里さん、成田凌さんなども受賞しています。

一般的に、映画では横長の画面にあわせたロングショットが多く、そのため俳優には高度な演技力が求められるそうです。

連続ドラマ初主演となる『白衣の戦士』で、もしかしたら、中条あやみさんは、これまで出演の多かった映画との撮影方法や演出方法の違いに難しさも感じているのかも知れませんね。

中条あやみさんは、以前インタービューで、モデルとは違う「女優業の面白さ」についての質問に以下のように答えています。

正解がないところが面白い。これが正しいっていうものがなくて、何回やっても難しい。
モデルは、写真だと何枚か撮ったうちの1枚だけれど、動画だと取り返しがつかない部分があるし、自分自身の全てが表れると思います。 

モデルとしては成功している中条あやみさんですから、畑違いの女優業でも、向上心を持って取り組んでいる印象を受けます。

中条あやみさんの女優としての演技力は、発展途上だと思いますので、これからに期待したいですね!

まとめ

今回は、ドラマの演技が下手と話題の中条あやみさんについてまとまてみました。
人気のある中条あやみさんなだけに、色々と噂されてしまうのは仕方のないことですね。

主演に抜擢されたということは、今後の可能性もあるからこそだと思います。
恵まれた容姿の中条あやみさんですから、そこも生かしつつ、素敵な女優さんになるのではないかと期待しています。

中条あやみはハーフだった!父はイギリス人でイケメン空手家?

2019.04.14