SHOWROOMの前田裕二の生い立ちが壮絶!兄に育てられた過去

女優・石原さとみさんと噂になっている
SHOWROOMの社長・前田裕二さん。

実は、生い立ちがとても壮絶で
努力の人なんです。

そんな前田裕二さんについて調べてみました。

前田裕二ってどんな人?

SHOWROOMの社長・前田裕二さんってどんな人なのでしょう。

前田祐二のプロフィール

それでは、簡単に前田裕二さんのプロフィールをみてみましょう。



氏名:前田裕二(まえだゆうじ)
出身地:東京都
生年月日:1987年6月23日(30歳)
学歴:早稲田大学
職業:実業家(SHOWROOM株式会社代表取締役)

早稲田大学を卒業後、外資系投資銀行に入社。
2011年からは、ニューヨークで金融商品のアドバイザーとして活躍。

2013年にDeNAに入社し仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。

前田裕二

引用元:google

2015年に事業を独立させ、SHOWROOM株式会社を設立。
まだ25歳という若さで会社を立ち上げたのですね!

SHOWROOMってどんな会社?

では、「SHOWROOM」とはどんなことをやっている会社なのでしょうか?

「SHOWROOM」は、アイドルやタレントが生配信を行い
視聴者との交流できる場を提供するwebサービスの会社です。

「SHOWROOM」では、誰でも簡単に「アイドル(演者)」としてパソコンやスマホから
生放送を配信できるのです!

そして、視聴者はアバターを通じてアイドルとリアルタイムのやりとり
楽しむことができます。

showroom

また、視聴者はお気に入りのアイドルに対して、有料のアイテム「ギフト」を購入し
ギフティング(投げ銭)することが出来ます。

そのギフトがアイドルの稼ぎにもなり、「SHOWROOM」の収益になるそうです。

つまり、「アイドルになりたい、稼ぎたい」という人と「よりリアルな空間で、
アイドルを応援したい」という人をマッチングさせたビジネスなんですね。

「アイドル(演者)」登録数は15万~20万人。
視聴者として登録している人はなんと130万人以上にもなっていうそうです。

日本国内の動画配信アプリで、
ネットフリックスを抑え収益No1サービスに成長しているからすごいですね!

スポンサーリンク

前田裕二の生い立ち

そんな「SHOWROOM」を立ち上げた前田裕二さんですが、
その生い立ちが壮絶なのです。

前田裕二

引用元:google

「SHOWROOM」がなぜ生まれたのかのヒントがここにあります。

8歳で両親を亡くす

前田裕二さんは物心ついた時から父親がいなかったそうです。
さらに、8歳の時に母親を亡くします。

10歳上のお兄さんと親戚の家を転々としたそうですが、最終的には、
お兄さんと2人で暮らすことに。

お兄さんは医者になる夢があったそうですが、前田裕二さんを育てるために
その夢をあきらめたそうです。

ある時、グレて警察の厄介になってしまった前田裕二さんは、
お兄さんを泣かせてしまったそう。

それをきっかけに、前田裕二さんは「お兄さんを幸せにしたい」と思い、
色んな事に頑張り始めたそうです。

前田裕二

引用元:google

「家族は何よりも勝る」というお兄さんんの強くて優しい愛に支えられ
前田裕二さんは辛いことを乗り越えてきたのでしょうね。

IT業界の社長と聞くと、華やかなイメージがありますが、
前田裕二さんは、想像以上に苦労人で、
起業も壮絶な生い立ちが原動力となっていたんですね。

前田裕二

引用元:google

路上ライブで稼ぐ

前田裕二さんは、小学生の頃から、
お金を稼ぐためにどうしたら良いかと色々試したそうです。

でも小学生だから、どこも雇ってくれない。
そして辿り着いたのが、自分にとって最も誇れる幸福度の高い稼ぎ方と思える、
「路上ライブパフォーマンス」
だったそうです。

感動を受けた人が、感動を与えてくれた人に対して直接お礼ができる。

そして感動の連鎖が起こる。こんな素晴らしいことはないな。

と思ったそうです。
小学生でこんなことを考えることも凄いですね。

前田裕二さんは、路上ライブでお金を稼ぐには、
お客さんとの絆が必要だと学んだそうです。

「SHOWROOM」は、前田裕二さんの生い立ちや
路上ライブでの実体験から生まれたもの
だったんですね。

スポンサーリンク

人生の勝算

前田裕二さんは、2017年に「人生の勝算」という本を
出版しています。

前田裕二

引用元:google

この本を読むと、仕事に対する情熱に圧倒されます。
そして、優秀な人程、努力していることに改めて気づかされます。

本の中に出てくる「スナック理論」はとても面白かったです。

前田裕二さんは、本の最後にこう締めくくっています。

情熱と努力次第で、人はどんな高みにだって上っていける。
自分の人生を通じて、これを証明してみせます。
前田裕二の「人生の勝算」は今、はっきり見えています。

ビジネスに限らず、どんな事をしても成功する人なんだろうなと感じました。

まとめ

「世界ナンバーワンを目指す」と語っている前田裕二さん。

ITは何だかか無機質な世界に感じがちですが、前田裕二さんが作った
「SHOWROOM」は、とても人間の温かみを感じる世界だと思いました。

これからも前田裕二さんの活躍が楽しみです。

スポンサーリンク