ジャニー喜多川の軌跡!若い頃の生い立ちや華麗な経歴まとめ

ジャニー喜多川

ジャニー喜多川さんといえば、日本のアイドル界をけん引してきた方で、その名前を知らない人はいない位に有名な方ですね。

でも、実際にジャニー喜多川さんが、どんな方なのかやどんな偉業を成し遂げた方かなのかを詳しくまで、ご存知の方は多くないのではでしょうか?

今回は、そんな謎も多いジャニー喜多川さんの若い頃や生い立ちなど経歴をまとめてみました。

ジャニー喜多川ってどんな人?

ジャニー喜多川

引用元:Twitter

名前:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)
ジョン・ヒロム・キタガワ (John Hiromu Kitagawa)

生年月日:1931年10月23日(87歳)
出身地:アメリカ ロサンゼルス
職業:実業家

ジャニー喜多川の若い頃や生い立ち

ジャニー喜多川さんは、ハーフとだと勘違いされていた方も多いかと思います、実は純粋な日本人。

父親は、高野山米国別院の僧侶の喜多川諦道さんで、母親も日本人だそうです。

ジャニー喜多川さんの若い頃の画像がこちら↓

ジャニー喜多川 若い頃

引用元:Twitter

1931年生まれの日本人としては、とっても素敵なイケメンですよね!

ジャニー喜多川さんは、父親の仕事の関係でロサンゼルスで生まれ、2歳の時に一時日本に帰国しましたが、再度渡米しアメリカの高校や大学に進学されています。

4人姉弟で、姉はジャニーズ事務所の取締役副社長でもあるメリー喜多川さんです。

高校時代にはロサンゼルスで、ミュージックメイカーのアシスタントとしてアルバイトも経験。

日本の俳優でもありコメディアンで、美空ひばりさんの師匠でもあり芸能界の育ての親の川田晴久さんと知り合ったことがキッカケで、日本の芸能界へ興味を持つようになっていきます。

ジャニー喜多川の経歴

1960年代初頭に、日本の米軍基地で通訳などの仕事をしていた頃、野球チームコーチをしていたジャニー喜多川さんは、そのチームメンバーを連れて、映画「ウェストサイドストーリー」を観に行ったそうです。

この映画に感動したジャニー喜多川さんは、1962年に「ジャニーズ事務所」を設立し、日本のエンターテイメント事業を始めました。

アイドル路線に力を入れた1970年代からは、日本を代表する程の絶大な人気を誇った郷ひろみさんを始め、多くのアイドルのマネジメントをしてきたジャニーズ事務所。

男性アイドル界で、圧倒的な勢力を持ち、日本の芸能界をリードしてきました。

ジャニー喜多川さんは、日本の芸能史上アイドルのグループの名名前に「〇〇」、「〇〇組」というネーミングを最初に採用した人物でもあります。

近年では、「美少年」「なにわ男子」などジャニー喜多川さんならではのネーミングセンスが光っていましたよね!

ジャニー喜多川の軌跡

ジャニー喜多川

引用元:Twitter

ジャニー喜多川はギネス記録保持者

そんなアイドル界をけん引してきたジャニー喜多川さんは、実はギネスブックにも認定された方です。

日本の芸能界で、男性歌手が歌って踊るスタイルを確立したジャニー喜多川さん。

日本人ができることを最大限にやりたいというジャニー喜多川さんは、歌舞伎や能を取り入れるなど、その独自のセンスを追求してきました。

そんなスタイルで、数々のアイドルをマネジメントしてきたジャニー喜多川さんに、ギネスブックを出版するギネス・ワールド・レコーズ社は、「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」と認定しています。

また、2000年から2010年までに、8419回のコンサートをプロデュースしたとして、2012年版のギネスブックに記載されています。

因みにKinKi Kidsは、2018年に発表した「Topaz Love/DESTINY」が、デビューシングルから39作連続で初登場1位を獲得し、ギネス記録を更新しています。

ラスベガスでショーをやりたい

ジャニーズの世界進出などに意欲が尽きず、エンターテインメントに関してとても熱い野望を持っていました。

ジャニー喜多川さんは、まさしくアメリカン・ドリームを日本で体現している方なのではないでしょうか。

ジャニー喜多川の年収

「ジャニーズ系」という言葉が普通に使われるほど、日本の男性アイドルをプロデュースして、ジャニーズ事務所を一代で大手芸能事務所に築き上げたジャニー喜多川さん。

そのジャニーズ事務所は、年間700億を超える売り上げがあるといわれています。

そんなジャニー喜多川さんのビジネス手腕はもちろんですが、年収や資産も凄いとの噂です。

2012年の長者番付では40位にランクインして、年収は8億9000万円。

41位には、姉の藤島メリー泰子さんもランクインしており、こちらも年収は、8億9000万円でした。

以前、ジャニー喜多川さんのお気に入りの1人でもある堂本剛さんに都内の高級マンションを譲ったという報道がありました。

自身の所属タレントにそんなことが出来てしまうジャニー喜多川さんは、やはりただ者ではありませんね!

ジャニー喜多川さんは、87歳になります。

これだけの年収や資産があるので、今後は後継者問題があるかも知れませんが、ジャニーズ事務所のタレントさん達が、今後もいい環境で活躍出来るようにと願うばかりです。

まとめ

今回は、謎も多かったジャニー喜多川さんがどんな方なのか、生い立ちや若い頃を調べてみました。

ジャニーズ事務所に入ることで夢を叶えたメンバーはもちろん、ジャニーズのメンバーとなったアイドルを応援することで、人生で楽しみや喜びを見出した方が大勢います。

そんな夢のある日本のエンターテイメントを牽引してきたジャニー喜多川さんが改めてすごい方ということがわかりましたね。